海外旅行での家電利用方法

海外旅行の際、大抵のものはホテルで借りることができますが、ヘアドライヤーなど普段愛用しているものを海外へ持って行って使用する場合、最も重要なポイントになるのは電圧です。
差込口も日本のものに対応するマルチタイプになっている場合でも、電圧が異なると最悪の場合は一瞬で壊れることがあり注意が必要です。
しかし、差込口の電圧を確認して、必要な場合は変圧器を借りれば日本国内で愛用する家電でも使用は可能です。
パソコン、スマホ、ビデオカメラなどはマルチ電圧対応になっているものがほとんどのため変圧器は不要ですが、日本の電圧のみに対応する家電には変圧器が必要になります。
ただし、変圧器は普通のホテルであれば常備されているため、持参する必要はありません。
これは差込口のアダプターも同様です。
それでも不安な場合には、予約の際に変圧器とアダプターもリクエストしておくと安心です。
変圧器やアダプターは旅行用品専門店などで販売されていますが、ホームステイなどホテル以外の場所に宿泊する場合を除けば日本から持参する必要はありません。

海外渡航時に日本の家電は使える?

海外留学や赴任などの理由により長期に日本を離れる場合、いくつかの家電を持参したいと思う方は多いです。
しかし、日本の電化製品を変圧器なしに、現地でそのまま充電してしまうと壊れる場合があります。
日本の電圧は100ボルトでヨーロッパの場合220ボルトなので、100ボルト用に作られた電化製品を220ボルトのコンセント繋げると、負荷がものすごくかかってしまいます。
ノートパソコンやカメラの充電器など、場所を選ばずに使うことが想定されているものには、充電器の中に変圧器が付いていてそのまま使えるものが多いのですが、それ以外のもの、特にドライヤーは注意が必要です。
ドライヤーは小さいので持ち運びしやすく、いつも日本で使っているものを海外でも使いたくなる人がいますが、ドライヤーは消費電力が大きく、もしも変圧器なしで使ってしまうとブレーカーが落ちたり、最悪の場合火災の原因になります。
そういったトラブルを避けるために、海外対応用のドライヤーを買うか現地で買うことが望ましいです。

pickup

最終更新日:2016/11/14